ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

物語を書いている

 またしてもお久しぶりです。はろーはろー

 

ものすごく疎かになってしまっている飛行訓練なのだが。ですが、ですけども。ここはただの飛行訓練ではなく。「ナマケモノの飛行訓練」であり、ひいては、「どこにも飛び立つことのない飛行訓練」という永遠のテーマもあり、つまりは、本来の自分のペースに立ち戻っている(のかもしれない)、といっても過言ではない。の、かもしれません。

 

あれ?あまりに久しぶりなので、ここでの文体がわかんなくなっちゃったなぁ。敬体だったっけ?わたし。まあいいや、敬体でタイプするの面倒なので常体でいきますね。しますね。するね。する。 

 

 

・・とはいえど、ここに訪れることが少なくなったからといって、キーパンチ中毒ぎみのわたしが、文章を打っていないのかといえば、そういうわけでもなく、むしろさらに指を働かせ、なんらな酷使させていると云っても、言い過ぎともいえない。

 

要するに、回りくどくなってしまったが、わたしは現在、こことは違うところに物語を書いていて、密やかにネットの海に旅立たせているわけであり、四月からぽちぽち進めて始めて、かれこれ二十万文字くらい書いているので、えーと、この場所で月間に10とか9くらい、イラスト付きでがんばって(も、いないけれども、)更新していた、今思えば立派な「はてなブロガー」と名乗れなくもないような時期よりも、たぶん今の方がずっと、ネットの海を逞ましく泳いでいるのだとはおもう。

 

もし仮に、どんなものを書いているのかと訊かれたとするならば、それはここで長々と語ることは止しておく。

 

別に出し惜しみをしているわけでもなくて、単純にいえば、わたしが書いているものがファンタジーだからであり、つまりは、ここに訪れてくれる方がたの趣向とは、なんだかかなり違っているように感じたからだ。

要するに、わたしが想像するはてなのひとたちは、かなり大人な雰囲気を持った方がたなので、前に怪談などを創作したけれども、そういうものならともかくとして、まあ、ふぁんたじぃは、・・ちょっとねぇ。と、ひとえに、わたしの脳内のお花畑を語ることに、なんとなく憚れるような気がしたという次第であった。

 

だって、急に斜めに方向転換しはじめたとあらば、今まで少しでもここを気に留めてくださっているひとたちにも、申し訳ないような気もするしねぇ。という具合である。

 

 

それから、全く話はかわるけれど、なぜか更新さえしていないのに、たまにアクセス数が恐ろしいくらい跳ね上がったりするのが、とっても謎。けっこう気になる。

ともすれば運営側があまりにも更新しないひとに向けて、棒グラフ操作仕掛けて、更新を促しているのではないかとさえ、勘ぐってしまう。

 

まあ、こんなところ、更新してもしなくても同じようなもので、たぶん何ちゃらニュースだかのロボットだかな演算だかが、計算違いで誘導してくるものだと推測しているのだけれど、それはともかくとして、それでも何でも、ここをたまに気にかけてくれる数人の方たちに向けて、たまにこうしてオウトウセヨオウトウセヨと、微弱な電波を送り続けたいと、願う次第です。

 

そういうわけで、わたしはとても元気にネットの海で果てしない遠泳にチャレンジしております。それと同時に、皆さまが達者に暮らしていくことも願っています。

 

それからどういうわけかこんな僻地に辿り着いてくれる希有な方がた。本当にありがとうございます。読んでもビジネスにも暮らしの知恵にも政治的扇動にも美容にも健康にも延命にも感動にもなりませんが、ごめんくださいまし。

 

そして今回も推敲無しでリリースする日記、ひいては、文体すらも確立して出来ずに終える駄文をお許しください。

 

それでは改めて、ごめんくださいまた今度。