ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

ちらかる妄想。

 ここのところなにか文章を打っていても、なんとなく「公開」ボタンをポチれずにいる。なんとなくもうわたしがわたしに言いたいことが、あんまりなくなっているように感じる。今のところ。

 

 だって、インターネットをみていると、ずいぶん様々な情報が溢れかえっていて、それでいてものすごく詳細でもある。そうかとおもえば、モラル、コンプライアンス、人権、権利、尊厳、そんなような事柄が蹂躙されたりないがしろにされたりする出来事が溢れかえっている。はたまた、反対に、そんな気持ちを憂いたり憤ったりしているみんなの想いが強すぎたりして、なんとなくがんじがらめに絡め取られたような気持ちにもなるし、強い言葉で叱責するような意見でしかまかり通らない世の中になっていて、なんだか息苦しいじゃんね。

 

 そりゃ、わたしだって言いたいよ。例えば政治。政治?政治でいいか。嫌なことも納得いかないことも沢山あるさね。わたしだってそのつど右に左に振られて、扇動すら辞さずに強い言葉強い意見を発していきたい時もあるさね。そりゃ、右や左に偏って物事を決めたいよ。楽だし。簡単だし。意固地になればいいだけだし。

 けど、そんなことしても仕方ないじゃないか。たしかに世の風潮を鑑みれば、偏った情報のほうがある意味アクセスみたいなものは集まるかもしれないけど、そんな節操ないものなんて、望んでないしね。

 

 そんなことを考えていると、わたしの意見なんてもともと要らないのじゃないかな、なんておもっちゃったりもする。ま、言うときは言うけどね。我慢できないことは。でもそんな気分でもないんだよね。今のところ。そんなことをタイプしたいわけでもないんです。今は。のっといぇっと。

 

 ・・ということも、少しだけ踏まえたり踏まえなかったりして、近頃はここのブログ、いやここに限らずわたし自身の「新展開」的なことをを考えてたりする。もとい、妄想してたりする。どういうふうにしているかというと、いろいろ散らかった考えはあるのだけれど、時間や楽しさや気力のバランスを考えて、ベターがどこかを考えると、まあ、妄想が散らかってちらかって。収集がつかない。

 

 で、散らかりまくっているので、この場でメモとして書き起こしてみます。あくまで個人的なメモなんで読まなくてもいいです。なんの徳もないですよ。あ、でも読んでくれるのなら意見とかあれば少し聞きたいなぁ。いやいや、うそうそです。そりゃ傲慢ってもんですな。

 

 と、いうことで、

 プランとしては大きくわけて3つばかりある。

 

***************

 

プランA. 何か物語を書く

 なんだか世間様にたいしてわたしとしての意見なんていうものを発信する必要を感じられなくなってきたので、であらば、物語をだらだらと続けていけばこの空間もそれなりに維持できるのではないか、という安直な考えであります。

 

 物語に関しては、これまでプロ妄想家として培った脳内妄想や、過去に書いたものをここにリライトしていけばネタに困ることはない。だがしいていうならば困らなすぎて困るという感じではある。

 

A-1. 「竜の仔ラウ」を完成させる。

 これはわたしのプロ妄想家歴のなかでも最長9年ものあいだ妄想をし続けた「竜の仔ラウ」という脳内ファンタジーを文字に書き起こそうというプラン。

 ↓

flightsloth.hatenablog.com

  これについてはめちゃくちゃやりたい。やりたいというよりも、どんな形でもいつかは文字にしておきたいという人生最大の企みではある。ようするにライフプランに組み込まれてはいる。

 しかしやりたいけれど、なにしろ超長い。長いのはいいかもしれないけれど、これを書くのなら、ブログでもなくて、そういうコミュニティに投稿したほうがいいのではという考え方もある。ほらあの「小説家になろう」みたいなサイト、あるでしょ。けど、ああいうサイトはなんだか異世界転生みたいなファンタジーしかウケない感じもあるしなぁ。読んだことないけど。とか。挿絵とかも描いたりしたいけど、それをしたらたぶん遅々として物語りが進まないだろうしなぁ。とか。いやいや、世に出すこともないだろう。あくまで個人の趣味として書き起こしていけばいいだろう。なんて、悶々もんもんと、どうしたものか。

 

A-2.「ナマケモノの飛行訓練」を物語として進行させる。

 これもプランとしてはあるのだけれど、どうにも二の足を踏んでしまう。脳内妄想での大まかストーリィはあるのだけれど、あくまでマスコット的なマイキャラで誕生したナマケモノたちを物語として進行してしまうのは、あんまり気が進まない。

 それからこれまた絵とか描かなきゃならなくなるので、やはり時間がかかる。ブログとしてのスパンで進行させていくとなると、月1くらいしか更新できなくなるのではないかと尻込みしてしまう。はたまたなんならマンガにしようかとかなんとか。

 ともあれ、がんばって日常生活に支障をきたしてもね。いや、支障をきたしてもいいのだけれど、支障をきたさないストレスフリーのブログこそが「飛行訓練」なのです。

 

A-3. 短い物語を書く

 なにか物語を書くと考えると、結局これが妥当なのではないだろうかと。2,3話で終わる物語をその都度更新していけば、もしかしたら読んでくれるひとも現れるかと。あんまり長い物語を続けていても、独りよがりになりそうだしね。

 これならば、普段の日記の間に時々差し込むだけでもいいし、前に書いてみてた怪談みたいな感じでもいい。ああいうものなら無理なく続けられるのではないか。いや、面白いかどうかは度外視ですが。オチも展開もない物語だったりしますから。

 

 

プランB. ナナシの島のキャラクターを増やす。

 「ナナシの島」というのは脳内妄想(←またか!)のナマケモノたちが暮らしている島なのだけれど、このキャラクターを、うーん、とりあえず100匹目指して誕生させていこうかな、みたいなことを考えている。

 わたしはキャラクター作成スキルがそれなりにあるとおもっているので(自負)、ナマケモノたちのような簡単なキャラクターならば、なんならじゃんじゃん生み出せたりする。

 ・・気がする。

 

 たとえば、

 ・ネコ

 ・タコ

 ・ピンク

 ・腹黒い

 みたいなワードを高速で思い浮かべれば、

f:id:flightsloth:20190225153456j:plain


  ↑こういうキャラクターを高速でつくり出すことも、けっこう負担はない。

 だいたい30分くらいでできるので、もう少しちゃんと描き込むにしても、なんなら1000匹も夢じゃない!めざせやなせたかし先生!

 この企画をTwitterないしインスタグラムで二日おきくらいでリリースしていけば、けっこう面白いのことになるのではないだろうかと目下画策中。

 

プランC. ストックイラストに投稿する

 これは完全にお金儲け。仕事として考えられるので、よっぽどはかどるのではないかとはおもう。しかしストックイラスト。点数さえ増やせればそれなりの収入になると聞いた。聞きかじった。1日1カットのペースで更新して、休みも差し引いて年に300点余り。10年で3000点。長いスパンで考えれば副収入として確立するのではないかと、げしし。需要のありそうなカットと自分で持続できそうなイラストのプランはそれなりにある。けれどこの場合、こことの同時進行は難しそうなのでさらに更新が滞ってしまうことになるとおもう。どうしたものか。

 

 

***************

 

 どれにしても、いろいろチャレンジしたいことはあるので、なにかしら実行していきたいとおもう。

 けれど、深く考えたりすると、それがブログ形式としてここで進められることなのかどうかがどんどん怪しくなってくる。なにかしらをやるとなれば、このブログがおろそかになってしまうこと必死なので、本当にどうしたものかと。

 その場合、ここの保持として、もっとお気楽で短い雑記なんかを載せていけばいいのだろうけれど、それ用につくったサブブログすら最近は沈黙してしまっている体たらくなのです。嗚呼無情。もうわかんなくなってきたのでもう終わります。

 

*************** 

 

 というね、かたちにもならないことを悶々と考えていて、実情はゲームばっかりやっているので、まあラクガキが進む進む。

 

 なので最後にまたしても落書きを晒して、可憐に去りたいとおもいます。

 

 そんな落書きですら脳内妄想が生まれちゃったりするんですけどね。まったく。

 

f:id:flightsloth:20190225124218j:plain

  蟻食屋の夜明け。岩蟻の除去を生業としている男の一場面。蟻食屋はみんな相棒としてオオイワアリクイを連れて旅をする。

 

 みたいな妄想ね。

f:id:flightsloth:20190225124214j:plain

 不死身のザッパ。レムグレイド騎士団千騎を相手取ったときの絵。このときはブーブーの大火炎魔法でもヤツは倒せなかった。この後ラウたちとの死闘を経て、ブーブーが身に付けた天大魔法により宇宙空間に投げ出され、悠久の時を経て復活し、スペースザッパとなるのだった。

↓これがスペースザッパ

f:id:flightsloth:20180516160737j:plain


 

 ・・とかね、

 

f:id:flightsloth:20190225124226j:plain

 宇宙ムエタイの世界チャンピオン。通算255戦255勝、208KO。宇宙一強い男との呼び声もあったが、ミスターブレインに敗れ、その溜飲をさげることになる。

 

↓これがミスターブレイン

f:id:flightsloth:20180516160733j:plain

 

 ・・とかね、

 もしくは、 

f:id:flightsloth:20190225124155j:plain

 妖艶でしたたかなエルフの踊り子。エルフに弓を持たせてはならない。たとえそこに矢がなくてもだ。やつらはエルフの魔法により、無限に光の矢をつくり出すことができるのだ。

 

 ・・みたいなのとかね、

 

 そうかとおもえば、

f:id:flightsloth:20190225124222j:plain

 なんかヒーロー的なものとか、ロボット的なものとか急に描きたくなっちゃったりします。本当に脳内が中二なのです、ごめんください。

 

 めちゃくちゃ文章書きたいとおもって ipad買ったのに、タブレットの気軽さにやられてラクガキばっかりです近頃は。うわーん。でも、アプリにも馴れてきたので、描き込みがだんだんまともになってきたような気もします。

 

 ということで、なんなら前回に引き続きここまでスライドして流し見してくれた勇者よ、それではまたー。