ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

最近おもったこと。【報告】

f:id:flightsloth:20180904135019j:plain

 いよいよ秋めいてきましたね。陽が落ちるのはたいぶ早くなりましたし。これからどんどん食べ物が美味しくなるので、栄養を摂り過ぎないようにしたいものです。

 

 ということで。

 

 まえのまえの日記で1万文字くらいタイプして、すっきりしたのだけれど、なんだか近頃さらに冗長で堅い話題ばかりを書いている気がした。

 それでも、読んでくれているひともいるようなので、それは飛び上がるくらい嬉しい。その反面、なんだか近頃、こうして軽い、というか意味もないしょうもない思考のメモみたいなものを、書きづらくなってきているような気持ちにもなった。

 当初は自身の日記のために立ち上げたようなブログだったので、そのぶん気負うこともなかったのだけれど、いまは本当に読んでくれるひとがいるという僥倖から、話したいことがもりもり湧いてきてしまい、近頃はずいずい長文になっていってしまっている。どんだけ寂しがり屋なんだわたしはと。

 

  それから、自分ルールで、アイキャッチ的なイラストを文章に添えるという体裁でおおむねのこの日記を更新してきたのだが、やっぱりすこしだけルールにぐぬぬと縛られているきらいがある。今回のイラストの即席感のまあヒドイこと。

 最低限当たり障りのない画像とそれに即した文章のバランスみたいなことを考えてしまい、刹那的な思考の移ろいやストレス解消のための単純なお絵かきなんてものをここにリリースするような気持ちが、なんとなくはばかれるようになった。ましてやわたしのよこしまな性分などを書き連ねるとなると、嫌われはしまいかと気を揉んだりもして、かなり勇気もいる。

 

  とはいえ、今までだってこういうことを定期的にぼやいてはいたのだし、そのままで構わないといえば、そうなのだろう。自分のブログなのだからどうしたって良いのだよと実際にいってくれる優しいひともいるし、別にスタイルを大きく変えたいということでもなかったりもする。結局だらだらとぼやきつづけるのがわたしの本性なのだともおもう。

 

  それでも、最近、タイトルが分かりやすかったり、話の流れとはいえ情報提供をしようという意気込みのある文章などが、明らかにアクセスされていたという事実を知り、そういうことも少しは考慮せねば、なんてことはおもったり、おもわなかったりもした。ひとが読んでくれている文章なのならば、せっかくだしと。

 そうかとおもえば反対に、もっと適当でお気楽でライトな気持ちでこれからは公開ボタンをポチろうかともおもったりもする。読んでくれているからといって、そこまで気負うことなんてないんだよ、趣味なんだしと。

 

 最近では読者登録してくれるひとも頭打ちみたいだし、このままなにもしなければ増えてはいかないともおもう。それに登録してくれるといっても、なんだか営利目的のような感じのひとも増えてきた、というか多くがそういうひとで占めてきている気もするし。

 それでもなかには興味深い情報を書いてくれているひともいるので、もちろん楽しく読ませてもらったりもしているので別に構わないのだけれど、あまりにも貧弱な内容に広告だけを貼り付けていて、そのひとの体温みたいなものを感じられないようなブログは、超絶に興味をひかない。

 

 利害が一致しているのならば別に構わないという気持ちもある反面、こちらは完全に趣味なぶん、あちらさんの得にはならないだろうし、あまり意味もなかろうかとおもうから、わたしとしても別にそういうコンタクトはいらない。一応登録してくれるひとは登録しかえしてはいるけれど。ここに限らずTwitterやらInstagramやらでも、登録の数字だけ稼ぐことになにか意味があるのかな。あるのだろうな、きっと。 

 こういうことを書くと、そういうひとたちの反感を買うかも知れないが、たぶんそういうひとたちはこういう無駄な文章は読まないとおもうし、たとえ読んで登録解除されたとしても、わたしは別に構わないし恐れたりもしない。ただひたすら嫌な気持ちにさせてしまったのなら申し訳ないけれど。

 

 まあ他にも諸々ある。いなくなったひととか、ブログを止めてしまったひとのこととか。いろいろ考えたりもする。始めた当初からを考えると、自分が楽しいとおもっているひとたちは結構いなくなった。結局、営利目的でもなんでも続ける理由みたいなものがないと、続かないものなのかなとおもういっぽうで、面白いひとが続けてなくて、お付き合いみたいに登録したひとばかりが購読覧を埋め尽くしているような時には、わたしだってこのブログを止めたくもなる。だってつまんないんだもの、と。

 だがむしろあべこべに、反骨精神みたいなものも湧いてきたりもする。わたしは一生亡霊のようにここに巣くってやる。そんな気分にもなったりする。そういう気概だけでは続かないのかもしれないけれど。

 

 兎にも角にも、こんな愚痴みたいなことをつらつらいっていても、これからもどうせ打ち出したらだしたで、こうしてタイプする指は止まらなくなるので、結局はあんまり変わりばえなどしないのだろうなという諦念の気持ちもあれど、気概だけは少しでも他人にとって有用な情報みたいなものを書いていきたいとは、いよいよおもう次第ではある。できないけれど。

 

 とはいえ、そういうことは結局、建て前というか自分を得心させる言い訳みたいなもので、本心はなんにも意味のないぼやきみたいなことを、こうして無作為にただタイプしていきたい気持ちが近頃は強くて、それをこの場所でリリースするとなると、折角アクセスしてくれたひとに駄文、・・といえば毎度のこと駄文なのだろうけれど、さらにフィルタに残った雑味のような文章を定期的にこうして晒してしまうことがなんだか忍びなく、前々から感じていた、「文章は他人に目に触れた時点で一方的な独白となる」ということと、書き手としての「最低限の配慮」みたいなことに挟まれた、他愛のない日々の移ろいみたいなものを、いわば“成仏させる場”、として、この場所はなんとなく相応しくないようなきがしてきたので、サブブログをつくることにした。というかつくった。なんならけっこう前に。

 

 そういうわけで、ようするにサブブログをつくったというだけの話なので、ここをどうするとかいう話でもない。それでももしかしたら、サブのほうが楽しくなって、こっちをおろそかにするようなこともあり得るし、あるいは違うコンテンツをみつけて新しく違うアバターで転生することだってあるかもしれないので、一応ここで断っておこうとおもった次第ではあります。

 

 だから、もし、なまケモノは最近みないなぁ、とか心配してくれる酔狂なひとがいたとしたら、わたしは元気ですと、いつでもいいたいわけです。それではみなさま、これからもよろしくおねがいします、とも改めていっておきますね。それからついでに、このあいだわたしはおつきあいしていたかのじょと籍をいれました。ようするにケコーンしました。ケコーン。

 一応、ご報告までに。

 

 ということでそれではまた今度。

 どこにも飛び立つことのない、飛行訓練でした。