ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

illustratorで絵を描く(作成する)こと。

 まえにサラさんのブログのヘッダを描かせていただいた際、Wall of Deathという架空のバンドとキャラクターを妄想して創造した。

flightsloth.hatenablog.com

  そうしたら、妄想が止まらなくなり、ベランダでタバコを吸っているときやシャワーを浴びているときなどに、彼らの物語が断片的に浮かび上がったり、SARAやプラーガやジョニーがなにかとうるさいので、ふたたびWall of DeathのCDジャケットをイメージしたイラストを、今度は無断で勝手に描かせてもらっちゃいました。

 

 と、いうことで、定期的に疾患のように襲ってくる妄想吐露癖をタイプし続けるのもいいのだけれど、今回は、前にどろろを描いたときに挑戦した、あのブログの定番「制作の経過を載せるヤーツ」のリベンジとして、今回はもう少しがんばって細かく載せてみたいとおもう。(自己満足)

 

 **********

 

 その前に、わたしが絵を描くにあたって、使用しているアプリケーションはAdobe製品のillustrator(以下、イラレ)といいうのだけれど、こいつについて少し語りたい。

 

(別に宣伝とかアフィリエイト的な意図は一切ないのだけれど、念のため↓)

www.adobe.com

 

 イラレというやつは、illustratorというわりには、イラストを描くことに特化したものではなくて、デザイン全般にまんべんなく便利なツールとなっている。

 わたしは紙媒体のデザインで食べさせてもらっていて、こいつとはもうかれこれ10年以上の付き合いとなっているので、当然、イラストを作成する際も、このソフトが一番使い勝手がいい。

 けれど、先にいったとおり、“イラストを描く”ということに、このソフトが特化しているわけではなく、たぶん、制作過程も、このソフトを知らないにとっては、“描く”というイメージとは多少かけ離れているかとおもう。

 

 今回はなんとなくこの「イラレ」というソフトでのイラスト作成の仕方を、あくまでざっくりと解説したいとおもう。需要はないだろうし、あくまでわたしのパターンなので参考もならないし、知っているひとにとっては何を今さらなので、読み飛ばしてもらいたいのですが(まったくの自己満足として)

 

 **********

 

 まず、イラレというものは「ベクター(ベクトル)データ」という、拡大/縮小しても印刷に影響しないデータが作成できる。これがわたしにとっては最大のメリットでもある。

 

 すこし解説すると、同じくAdobe製のPhotoshopやそのほかの多くの画像編集ソフトやペイントソフトのデータは、「ピクセル(ビットマップ)データ」といい、ざっくりいうと、四角い小さな(ドット)の集合体でできていたりする。

 そういうデータは、画像サイズや解像度をあらかじめ指定して作成し、巨大な画像を作りたければそれなりに賢いパソコンを使わなければならず、たとえば1メートルくらいの大きな絵を描くとなれば、かなり高スペックのパソコンが必要となる。

f:id:flightsloth:20180328201727g:plain

ピクセルデータというのは、例えばこういう感じで、小さいサイズの画像を拡大すると、四角の集合体が見え、俗にいえば、画像が“荒れて”しまう。

(まあこれは意図的にピクセルっぽく作った描写ですので、画像が荒れているわけではないのです、あくまでイメージとしての画像です。本気で詳しく知りたいかたはほかの場所をググったほうが間違いなく早いです)

  ようするに、極小の画像ではクオリティを保ったままに拡大することはできない。四角いピクセルの数や色は、少なければ少ないほど、データは軽くなるが、多ければ大いに越したことはない。コンピュータがあまり賢くなかった時代のむかしのファミコンゲームなどでは、このピクセルの数との戦いだったようだ。

 

 ところが、ベクターデータというものは、そういった、拡大/縮小率にも画像サイズにも、データの質はほとんど影響されない。

 つまり一度描いたものが、たとえば10×10cmの小さいイラストだったとして、ある日、そいつを1メートルの看板にしたいとおもったとしたら、単純にデータを拡大しても印刷には耐えられるということになる。

 

 たとえば、この↓

f:id:flightsloth:20180702165204j:plain

 ヤギのイラスト。数年前に何かに使用したのだが、この画像はこのブログに貼り付けるためにとりあえずピクセルデータになっていて、幅が12cmくらいの大きさとなっているのだけれど、たとえばプリンターなどでそれ以上に拡大して印刷するとなれば、当然、画像は荒れる。

 けれど、わたしはこのイラストのオリジナルデータをベクターで持っているので、その気になれば5メートルの看板にすることも、あるいは5センチの缶バッチにすることも、可能だったりする。

 

 わたしの仕事でいえば、はじめに作成したものが当初A4サイズのリーフレットだとしても、先方のほうかから急きょ5メートルの看板にしたいという要望があったとする。

 そういうときに、印刷物をはじめから画像(ビットマップ)データで作成してしまっていると大変なことになる。A4サイズで作った画像では、5メートルもの拡大率には画像が耐えられないからだ。つまりお客さんの急な要望に応えられなくなるというわけだ。

 こういうことにならないように、印刷媒体のデザインをするひとの大概はベクターデータで作成することが基本となっている(はず)。

 

 そういうわけで、ようするに、イラレというのは画像サイズに依存しないソフトなので、簡単にいえば、印刷はもちろん今ではwebとしてリリースする際にも、なにかと便利だというわけなのである。

 

 ところが、

 というか、だからといって、上述したイラレのメリットは、“イラストを描く”ということにたいしてのメリットではない。なんならむしろデメリットでさえあったりもする。なぜなら、イラレというソフトは、筆圧や濃淡を表現することがとても苦手だからだ。

 

  

f:id:flightsloth:20180626165832p:plain

 ↑たとえば線はこういうふうに描く。左にあるツールバーというパレットには色々便利な機能が隠されているが、わたしが絵を作成する際には上記の二つのツールしか(ほとんど)使わない。

 

 この少しカーブのかかった線。これはペンツールで描写している。これは、まずはじめに左端をクリックして、それから右下側をクリックすると、点が繋がって線になる。線の終点のクリックを押したままにして、マウス(など)を動かすと、上記のような青いガイド線が現れる。

 これをヒゲとか呼んだりする。このヒゲをつかんで操作すると曲線のカーブが自在に出来る。これをベジェ曲線といい、操作にはちょっとしたコツがいるのだが、コツをつかめばキレイな線で描写が可能となる。

 

 この線はベクターデータなので、一見したらハッキリしたフェルトペンで描写した線のようにみえるかもしれないけれど、いくら拡大してみても画像は荒れない。荒れることがないということは、滲んだり、局所的に薄くなったりもりないということになる。

 濃淡がないということはつまり黒色で描いた線はどこまでいっても黒。まして紙に描いた線のように滲んだりはしない。

 この滲まない、濃淡がない、ということが最大のメリットでもあり、デメリットでもあるとおもう。

 

  普通、鉛筆などで絵を描けば、筆圧によって色が薄くなったり、力加減や角度によって細くなったりよれたりする。そういった自分でコントロールした“ムラ”のある線の集まりが、いわゆる“アジ”になったりするのだろうけれど、イラレでの描写にはそういったものが一切無い。

 つまり、水墨画や水彩画のような描写はこのソフトは極端に苦手なのだ。わたしがはじめに絵を描くことに特化したソフトではないといった所以はここにある。

 が、逆にいえば、そういうムラみたいなものを“アジ”とする表現方法を諦めれば、かなり綺麗な線が描けるというのは、やはりかなりメリットではある。たとえばアニメのようなキレイな線のイラストは、けっこう短時間でに描けたりもする(とおもう)。

f:id:flightsloth:20180702231547p:plain

 ↑こうやって、曲線を繋げたり、丸い図形を作ったり、そういうことの組み合わせでイラストを描いていく。線が気にくわなければ例のヒゲをひっぱたりして可変していく。納得いくまでいつまでも変えることもできる。

 わたし的にはこういう作業をしていることが果たして「絵を描いている」ということになるのだろうかとはおもう。こういうときは、なんとなく図形を動かしているだけなので、“絵を描いている”という気分にはならない。だからわたしはパソコンでイラストを描く際には、“描いている”という表現ではなくて、極力、イラストを“作成”していると表現することにしている。

f:id:flightsloth:20180704135850p:plain

 こういうオリゼーくんみたいなイラストは・・・あ、知ってますか?オリゼーくん。

 ・・・まあそれはともかく。こういうオリゼーくんみたいなイラストは、長方形ツールとか楕円形ツールとかを駆使すればほんの数分で簡単にできる。

 ドラッグしてぽんぽん置いていくだけなので、これが果たして絵を描いているといえるのかどうかと。

 図形を最適な位置に置いていく作業なので、なんとなく切り絵に近いのかとは感じるけれど、やっぱり“描く”というイメージとはほど遠い気もする。

f:id:flightsloth:20180626165836p:plain

 筆圧や滲みが苦手だとしても、線幅は変えられる。しかも簡単に。上記のように線幅ツールで太らせたい部分をつまめば、今まで均一だった線幅も自由に可変できる。

 これは比較的最近に実装された機能で、わたしはかなり重宝している。いままでは、描いたイラストは、そのつど線幅を数値で変えなくてはならなかったのだけれど、感覚的に変えられるようになったことは、わたしにとっては革命的に便利になった。

f:id:flightsloth:20180626165841p:plain

 しかも一度決めた線幅は、いつでもイラスト全体に反映することもできる。ある程度自分の好みの線幅をいくつか作成しておけば、先に説明したベジェ曲線を操って、機械的な作業ばかりをするようなこともせずに済み、また、ペンタブレットを使用して鉛筆ツールをで描けば、よりフリーハンドに近い描写ができる。

 上記の二秒で描いたおっさん。同じ線幅でも線の長さによって、適宜エッジが引き延ばされたりするので、幾つもの線幅を登録しておけば、自分好みのペンが無料で幾つも手に入ったような気分になる。おそるべしパソコン。

 

  **********

 

 そうだった。Wall of Deathだった。ようやくたどり着いた本題だけれど、もはや力尽きる寸前なので、やっぱり制作経過は手短にいくことにする。なにがしたかったのだろうかわたしは。

  

とにかく、ようするにわたしの場合は、

 ・ペンツールでベジェ曲線を操る。

 ・鉛筆ツールでフリーハンドで描く。

 このほとんどふたつの機能のみを駆使してイラストを描いているということがいいたかった。

 

 わたしとしては、このやり方がイラレでイラストを表現する方法においては、最もスタンダードやり方なのだとはおもっている。もしかしたらもっと効率的な方法があるのかもしれないけれど。

  なので、本当は、もしイラレを駆使して何かを作成しているひとがいれば、ぜひ交流したいところなのだが、そういうところは消極的なんだよなぁ、わたし。

 

  **********

 

f:id:flightsloth:20180626165914j:plain

 

 と、いうことで、まずラフを描きます。

 ひとによってすでに完成形ではないかとおもえるほどに精密で美しいラフを描きますが、わたしはそういうことができません。

 ある意味ラフ中のラフ。それでも、ここまで書き込むのも珍しいです。今回のようにウェブにリリースする場合の特例。いつもは顔とかの位置だけ、ただの丸で目印しておいたりします。

 この程度のものでも、ここまでイメージ出来たら毎回「出来たも同然!」と息巻いていたりもします。

 

 ただ、何度も描き直しもできて、いつでも補正のできるパソコンにおいて、精密なラフを描くことが、果たして有用なことなのかなとも感じます。描いてから線を補正していくほうが、あきらかに時短になるのではとおもったりもします。 

 

 

f:id:flightsloth:20180626165919p:plain

 

 わたしのお気に入りのミストレス・K。かのじょの美貌にはひれ伏します。わたしの首を捧げる日も近いです。

  

 そこからラフを薄く透過して、それをヒントに本線を描写していきます。

 キレイな線を描きたいときはペンツール。恣意的な線を描きたい場合は鉛筆ツールでフリーハンドで描いていきます。

 ちなみにマウスは使いません。わたしの場合、ほとんどの作業はペンタブレットWACOMintuos)で操作しています。 

f:id:flightsloth:20180626165924p:plain

  そうして脇目も振らずに作成していきます。だいたい二、三パターンの線幅を登録しておけばなにかと便利です。イラストの見切れている部分は、なるべく線を繫いで、“止め”ておきます。これをすると、色を指定する際にとても役にたちます。この時点で最初のラフはもう必要ないので、容赦なくdeleteキーを押します。

 

f:id:flightsloth:20180626165930p:plain

  実線がある程度できたら、色を付けます。

 とりあえず、左上のボー・ボー・ドゥーを全選択します。

 それから・・・ええと、多少ややこしい魔法のコマンドをぽちぽちっとすると、線と線が囲まれた部分の中身に色がはいります。

 この際、端っこを線で囲って“止め”ていないと、その部分は囲われていないので、色は入りません。

 色が入らない箇所は後で色を入れれば済むので、なんてことないのですけれど、極力、線を囲むことによって、かなり手間が省けることは事実ではあります。

f:id:flightsloth:20180626165935p:plain

  こうして、囲われた部分はその箇所ごとに色を変えられるようになります。わたしは印刷畑の人間なので、この4原色(CMYK)のカラーパレットを使います。本来、ウェブにおいては3原色(RGB)のほうが色表現は豊かなのですが、経験的に使い勝手の良さを選んでいます。

 上記のように、選択しているボー・ボーの肩の部分が、パレットの数値通り、C0%-M27%-Y50%-K12%となっております。この数値でちょっと黒ずんだ肌色な感じになります。

  わたしはもうギョーカイも長いので、色を視覚的に選ぶよりも、数値で考えたほうが早かったりもします。たとえば、M(マゼンタ)50%、Y(イエロー)100%でオレンジ。とかね。ちょっとこの青、明るすぎるからマゼンタ10%足しました。とかね。 

 

f:id:flightsloth:20180626165940p:plain

 

 そうこうしながら、全部のキャラにざっくりと色を付けていきます。イラレの最も恐ろしいところは、色塗りの便利さだと常々感じます。このような作成の仕方をすれば、はみ出すこともなく塗れ、たとえ色合いが納得できなかったとしても、簡単に色を変えることもできます。わたしは色を塗っているとそこで飽きることが多いので、たぶんもうデジタルからは逃れられないのではないかと感じます。

 

f:id:flightsloth:20180626165947p:plain

 

 右のおっさんを残したので画像が小さくなってしまい、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ここではもうすこし詳細に描き込んだり、色分けしたりしています。

 おっさんを残したのは本当にうかつだったので、この後直ちに削除しました。こういうところもデジタルの特徴だとおもいます。気にくわないものは神の指が一瞬で削除に入ります。

f:id:flightsloth:20180626170002p:plain

  ここまでいけばもう完成間近です。

 ここではハイライトとシャドウを入れています。シャドウは【乗算】、ハイライトは【スクリーン】という、描写モードで描いています。

 乗算やスクリーンというのは、なんていうか、多分もともと写真に使う技法だったりもするのですが、現代技術では普通に色を塗る感覚で描写できたりします。

 うまく説明できないのですが、要するに、元の色を反映させつつ、馴染ませつつ、ハイライトやシャドウが入れられる描写だとおもってくれればいいとおもいます。多くは語りません。語れません。

f:id:flightsloth:20180626170007p:plain

  バックに色を入れてほぼ完成です。わたしのなかで今流行っている、グランジ的な引っ掻いたような表現を入れてみます。こういう背景などの表現はもともと作っておいた素材だったり、その都度作ったりします。こういう表現というかテクスチャの幅をもっと沢山増やせればと常々感じていますが、時間の関係上、出来合い素材で済ませてしまうことも多々あります。

 

  **********

f:id:flightsloth:20180626170915j:plain

ということで、できあがりました!

 

 大銀河モンスターメタルバンド

Wall of Death最新アルバム

「ダメ人間達のWall of Death

 NOW ON SALE!!

 

詳しくは公式ホームページまで!↓

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.hatenablog.jp

 (というのはウソです。妄想ですごめんなさい。)

 

 サラさん毎回ありがとうございます。