ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

ヒエラルキーの呪縛

 雨だったので電車通勤。なんとなく聞こえてくる学生さんの会話、自分たちは「中の中」だとか「中の下」だとか言い合っていたので、なんだろうと耳を傾けると、彼らが話していたのは要するにヒエラルキーの話題で、それを聞いていたらなんだか懐かしい気分になった。

 今はほとんどひとりで仕事をしているので、ヒエラルキーもくそもないが、言われてみれば確かに自分のポジションというものは気になるものだ。

 学生の頃、というか若い頃はそういうことがとても重要な関心事だったし、今でも、何かしらの過去を語る際、状況説明のために、下の上だの中の下だのその共同体でのヒエラルキーを説明することもある。

 たまには見栄を張って「中の上だった」と、自分の評価をかさ増しさせることもある。ところで「上の下」から上は、誰も言わないのではないだろうか。それが本当だとしても、決してひとに良い印象は与えられないだろうから。

 

 ヒエラルキーについては詳しくもないし大して考えたことも無いが、自分の中では社会、金銭、精神の、三つの分類に分けてみている場合が多い。

 要は、『社会』が地位や名誉、『金銭』は収入的ヒエラルキー。このふたつはわかりやすく、会社の役職だったり、単純に金持ち同士が物理的に誇示したするものだから、考察の余地もない。たいした興味も沸きはしない。

 問題は『精神』的ヒエラルキーだ。こいつはなかなかわかりにくい。けれど、実はひとはみんな、こいつの順位を最も重要視しているのではないだろうかと、わたしは思っている。

 

 精神的、というのは厄介だ。見分けにくい。だがいつでもひとは、精神的に優位に立ちたいと無意識下で思っているに違いない。なぜならこれは生命にも関わることで、いじめやDVの主な原因ともなるからだ。

 

 学生の頃はみんな年齢も同じで、もちろん役職もなく、裕福かどうかでひとを判断するほど社会を知らないから、必然と精神的な部分に偏るものだ。

 わたしの世代はいまのようにスクールカーストなんてわかりやすい用語はなかったけれど、そういうピラミッド型のヒエラルキーは確かに存在した。たぶんいつの時代もそれはある。

 だが若い頃の基準は単純で、たとえばサッカー部だったり野球部のエースだったり、お洒落だったり、しゃべりが上手だったり、もしくは背が高かったりと、判りやすい優劣で簡単に上位になる。

 それと、わたしの世代は比較的、学力とヒエラルキーの上位は反比例していて、賢い子はだいたいクラスで目立たないグループにいて、上位の子のように、お洒落だったりヤンキーだったりすることは、とても稀なケースだったと記憶している。それに、金銭的に裕福なことも上位に立てる要因とはならなかった。いまは違ってくるのかもしれないが。

 

 改めて思い返してみると、若い頃のヒエラルキーを計る基準はつくづくいい加減だった。単純な挙動で簡単に覆ったり、ほんの少し勇気をみせることや、気付かれない部分でのギャップで一気に反転したものだ。

 だからたとえば些細なことにキレてみたり、時には喧嘩をしたり、休み明けに髪を茶色く染めたりピアスをあけたりするだけでもある程度の効果が望めたし、また、いつも物静かだったやつが、実はライブハウスでものすごい演奏をしていたりすると、精神的ヒエラルキーは上がったりもした。

 

 そうして社会にでると、金銭、社会的ヒエラルキーが加わって、精神的なものは一見身を潜める。ひとは時として着飾り、権力を振りかざし、おのおのの欲求を満たす。満たされない者は劣等感に苛まれ、いつまでたっても不幸だと思い込むか、あるいはその位置からの脱却を活力や希望や夢に変える。

  だがそういったことを一通り体験すると、ひとは単純に表面的なことだけでは計れないことを思い知る。または、一見して精神的に優位に立ったかにみえる人間が、実は虚勢を張っているだけだということを見抜き、大人になってゆくにつれ、徐々にヒエラルキーの呪縛から解放されてゆくものだ。

 

 ところがそんな呪縛からいつまでも脱却できないひともいる。そういうひとは、いつでも隣の芝生は蒼く、心は満たされず、常に勝ちにこだわり、自分にとって有益かどうかでひとを判断し、見栄を張り、満たされない部分を子どもに託し、過剰なほどの期待プレッシャーをかけたりもする。

 それでも金銭、社会的ヒエラルキーに縛り付けられている程度ならば、たいした問題ではない。すこしだけ嘘つきだったり見栄っ張りだったりもするだろうし、それで他人に迷惑をかけることもあるだろうが、だからといって危険が伴うケースはそれほど無い。

 

 最も気をつけなくてはいけないのが精神的ヒエラルキーの呪縛だ。こいつからうまく逃れられないと最悪のケースに陥る可能性すらもあり得る。

 特に、いちどでも上位にいたことのあり、実はその経験はまったくのはったりで形成された、見せかけだけの張り子のピラミッドだとしたら、そういう連中はたちが悪い。

 なぜならそういう連中の多くは、ヒエラルキー的成功体験にいつまでもこだわり、無意味にチヤホヤしてくれる仲間と群れ、いつまでも成長せず、成長を望みもしないからだ。いつも精神的に優位に立つことを望み、たとえ自分がちっぽけでくだらない人間だとしてもそれを認めず、自分が正しいと信じ込み、暴力的なほどの認証欲求を持ち、実際に暴力に走るからだ。

 願わくば、こういう輩には、何も与えられないこと祈る。権力でもお金でも、何もかもだ。ろくに使いこなせないばかりか、ひとに迷惑をかけるからだ。誰かと付き合うことも、子どもを持つことさえも、危険と覚悟を自覚させなければならない。本人がではなく、まわりが危険だという意味でだ。

 それに、車も与えてはならない。力のある閉鎖空間はヒエラルキー欲求を満たすのにうってつけだ。マナーを守れず、自分本位に乱暴な運転をして、たとえ事故を起こしてもなお、間違いに気づかないだろう。

 

 呪縛からは完璧に逃れることはできない。誰にでも認証欲求はあるし、劣等感は常に付きまとう。

 だがなんとか折り合いを付けて、うまく付き合っては行ける。たとえ自分がヒエラルキーの底辺にいて、満たされない青春時代を過ごしていても、そんなものは忘れてしまえばいい。

 世界は広く、頭の中はもっと広い。夏目漱石もいっている。決して他人と比べるものではない。みんながみんな脇目も振らず、興味のあることを真っ直ぐ見つめていれば、ヒエラルキーのピラミッドなど、簡単に崩れ去ってゆくはずだ。隣なんて気にしなければいい。