ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

人見知りはずるい

 人見知りはずるいと思う。「おれ/わたし、人見知りなんだよねー」というセリフは非常にずるい。それは免罪符だ。あらかじめそう表明をしていれば、初めて会った人と話す際、うまく話せなくても、話題が弾まなくても、お互い黙り込んでしてしまっても、この人は人見知りだから仕方が無いかと解釈されるから、自分にも他人にも申し訳が立つ。

 そのやり方はある意味、思いやりともいえる。はじめから、相手に嫌な思いをさせまいとする気遣い。または、保身ともいえる。いずれにしろ、うまくいかなかった人間関係に対して、お互いが傷つかないようにとる、事前の対策としての最適なセリフではあるだろう。

 是非ともこのキャラクターでいきたいと思う所だが、残念ながらわたしは人見知りをしない。対人関係に悩んだこともさして無い。だからといって、みんながみんな自分のことを気に入ってくれているとは、もちろん思ってはいないが。

 だから、はじめて会ったひとと話した時などには、家に帰ってきて、少しお喋りすぎたかなだとか、あの人の話を間違った解釈で聞いてしまったかな、だとか、嫌われてしまったかもしれないかと、危惧したり、落ち込んだりもすることがある。そういう場面になると、自己紹介で「わたしは人見知りなので」と、はじめから表明していればよかったのかな、と感じる場合がある。

 ところがわたしの近しい友人で、ひどい人見知りのやつがいて、そいつをみていると、自分なんかが気安く表明できるほどのものでもないと思い知らされる。

 彼は「人見知り」と公言するひとが往々にしてそうであるように、内弁慶だ。それに、わたしや親しい友人たちにはものすごく尊大な態度をとったり、ギリギリの線を保った、身内同士のからかい方をわきまえていて、かなりユーモアもあり、情報も早く、関心のある物事に対してのアンテナも広い。アウトプットも惜しみなく、サービス精神旺盛で、金にがめつくもなく、楽しむことに労力を厭わない。

 わたしとしては彼はそういうやつであり、ものすごく愉快で飽きないやつなのだが、ひとたび見知らぬ人間がそこに登場すると、その長所はなぜだか全てが悉くしぼんでしまう。

 そうなると、ひどい時には、終始うつむいていたり、でなければ、わたしにしかわからない冗談を小声でつぶやいたりして、はじめて出会った人たちを戸惑わせたりする。そうなってしまうと、わたしは「ごめんなさいね、このひとは極度の人見知りなんですよ」と、あらかじめ早い段階で弁解することになる。それは彼の対人関係の構築の妨げになることなのかもしれないが、はじめて出会ったひとを不快に感じさせないためには、致し方ないことでもある。

 近頃は、彼も意識改革をして、そういった性格を自ら正そうとしているようで、そこまでひどい症状はみせないが、もう少し若い頃にはそれはもうひどかった。

 例えば、誰か可愛い女の子と出会って、その子のことをちょっと良いなと思っても、その娘と自分との馴れそめを独自にシミュレーションして、その娘と恋をして、食事をしたり、デートに誘ったりと、あらゆる場面を想定した結果、最後には、どうしてもフラれる未来しか想像できないそうだ。

 この症状がもっと進行すると、かなりタイプの娘と出会っても、それが自分の好みであればあるほどに、早い段階で頭の中でフラれてしまうので、出会った瞬間に、ツラい失恋体験をしたような気持ちになるのだそうだ。

 彼のマインドは、人見知りをする人間のロジックを解き明かす、極端な症例のサンプルとしては優れたものだろうし、もしかしたら一風変わったそのクリエイティビティは天才的な気質なのかもしれない。いずれにしても、彼をみていると、「人見知り」が対人関係を楽にするためにあえて行使している免罪符、というふうにはまったく思えなくなる。彼にとっての「人見知り」というパーソナルは間違いなくコンプレックスそのものだとのだと思えるからだ。

 そういうコンプレックスがまったくないわたしにとっては、彼らの苦悩を推し量ることはできない。想像もできないが、彼らは、いい加減で気安いわたしなんかとは違う想像力と配慮をもって、世の中と向かい合っていることは確かだ。

 そういえば、この間近所を歩いていて、うらぶれた外観のソープランドの前を通った時に、「こういうところにはカワイイ子いないんだろうなぁ」とわたしが漏らすと、「そうともかぎらないぜ」と彼は言うので、「本当かい?というか、むしろ風俗嬢にカワイイ子はいるものなのかね?」とわたしが訊くと、彼はびっくりした様子で、「いるさ!むしろ風俗以外にカワイイ子はどこにいるんだってほどさ」というので、わたしも同じようにびっくりしたことを思い出した。

 彼は風俗嬢の引きは抜群らしい。ついでにいうと、そういうところでの嬢とは、人見知りなく愉快に話せるらしく、ウケも良いらしい。