ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

ちょいちょい音楽を絡めた話

ホントの勇気と紅い花

ついにはじまってしまいました。ワールドカップ。初日からやっぱり夢中になってしまい、他のことはなんにも考えられない次第。たぶんここの日記もさらに鈍行となり、他のブログに遊び行くこともあまりできなくなるかとおもう。(ゴメンナサイ) けれど、わた…

ふるさと

未だこの日とどう向き合えばわからない。 述べる言葉もみつけられない。 なにをいってもきれいごとになってしまいそうで、 恐れている。卑怯者。 だがこの日、 間違いなくわたしの価値観もがらりと変わった。 それは間違いない。 もし国というものがあるとし…

ターボ

(なんならはじめてくらいにパソコンで描いた絵。自戒を込めて今晒す) 春を告げる嵐の朝にわたしは産まれた。女の子だったら「嵐子」。そう名付けるつもりだらしい。子どもの頃、親父にそう聞かされた。まあ嘘しかつかない親父だったので、その場でおもいつ…

オウトウセヨ 2 0 1 7

今回こそは手短いきたいものだが、きっとそうはならないだろう。わたしのことだ。冗長でくどいのはもはや長所と受け止めよう。 クリスマスに思い入れはない。ついでにいうと年末にも。たいした想い出もない。若い頃に仲間と馬鹿騒ぎしただとか、当時の彼女と…

さらに加速、記憶は逆再生するルサンチマン

ー前回までのあらすじ 仕事の忙しさに妄想に逃げ込んだナマケモノ。カムパネルラに導かれて危うく銀河鉄道に乗せられそうになるも、そこで作業は中断。だが次の日もその次の日も続く単純作業の徒労からついに悟りを開いたつもりが「魔境落ち」寸前の状態に陥…

妄想は加速するルサンチマン

トラブル続きで仕事が押して、印刷と出荷が間に合わなくなり、数日印刷所を手伝うことになった。わたしは当然、技術を必要としない業務をこなすことになる。箱詰めをしたり、専門の機械でシュリンク包装したり。 印刷業務というものは、ちょっと前までは、過…

女性の強さについて

連日、強さについて考えている。このまえは主に男性的な強さだったことに気がついたので、せっかくだから女性的な「強さ」について考えている。まあ本当の強さに本来性別なんて関係の無いものだろうけれど、そこは敢えて。 とはいえ、男のわたしが、女性的な…

誰のせいそれはあれだ

8月は雨ばかりで、後半になってうだる暑さが戻ってきたので、反射的に『サマージャム95』をYouTubeで聴いていると、コメント欄に「これ20年以上も前の曲なんだ」というような、感嘆する意見が目にとまった。 それで思い出したのだが、むかしアルバイト先で、…

拒絶しないで食べてほしいと思う

昼におにぎりを三つほど食べる。しらすと梅をあえた小ぶりのおにぎり。どうしてひとの握ったおにぎりはこうも美味しいのだろう。ただ塩を振ったただの白米でさえ、ただ握っただけで、どうして美味しく感じるのだろうと、いつも不思議に思う。ひょっとして隠…

未来はそんなに悪くない、ってさ。

土曜日は自宅で牛のタタキと、ショウガを豚肉で巻いた料理を、安物の白ワインとビールでやっつけて、日曜日は前日の肉料理づくしで胃腸が疲れていたので、蕎麦屋へ行く。近所のひいきにしている店とは違う蕎麦屋。板わさとだし巻き玉子、それとわさび菜のお…

「おじさんが聴いている歌」と、「歌っているおじさん」

最近はなぜか黒ビール(いわゆるスタウトというべきか)、が無性に呑みたくなる。ところがこれが行きつけの飲み屋には用意がない店ばかりだということに、呑みたくなってから気がついた。 こういうことはちょくちょくあって、以前は細いポテトが同じように無…