ナマケモノの飛行訓練

記憶のすべてがかすんでみえる。うろ覚えでつづるひこうくんれん。

夏の怪談

f:id:flightsloth:20180712150328j:plain

 いやだなー、

 こわいなー、こわいなー。

 

 夏なので怪談をすこし。

 近頃すっかりオカルトづいているもので。 

 

 まあ、そんなに怖くないでしょうけれど。

 怖いのが苦手なかたは読まないで下さい。

 それで、もし読まれたひとが少しでも怖いとおもわれたのならば、本望です。

 

【閲覧注意】←コレって一応、付けておいたほうがいいのかな?

 

 

 

 

 ____________

 黒い車

 会社に向かう道すがら、車通りの少ない広い路肩に黒い高級車が止まっているのがみえた。

 何気なく運転席をみると、黒いスーツ姿の男が何か書きものをしている姿があった。白い手袋をしているので、どこかの企業か金持ちのお抱え運転手なのだろうと思った。大方、日報でも書き込んでいるのだろう。

 

 通り過ぎる際に、もういちど車を見やると、助手席にもう一人、乗車していたことがわかった。白いモーニング姿の老人だった。

 妙だなと思った。

 運転手の雇用主ならば、助手席ではなく後部座席に乗っているはずだ。

 もっと奇妙なことに、その老人は運転手の手元を食い入るように覗き込んでいるのだ。そして、それにもかかわらず、書きものに集中しているのか、運転手は少しも気付く様子もなかった。

 

 車を通り過ぎてから、はっとなった。

 黒い高級車はただの高級車ではなく、あれはワゴン型の霊柩車ではなかったか。もしかしたら老人が着ていた服は、モーニングではなく、白装束を見間違えた姿だったのではないか。

 しかし、わたしは振り向く勇気がなかった。

 

 

 (実体験)

 

____________

 肝試しに出向いた若者たちがいた。

 その長い坂の先には二股になった道があり、その先をさらに上がった路には火葬場、下ると海岸へ出るという。

 海岸には遥か昔、戦国の世に、討ち取った敵将の首を洗っていたという言い伝えがあった。海岸の先には鎮魂の碑と燈明がぼつりと立っていた。

 

 若者たちはどちらの路へ進むか相談していたが、意見がまとまらず、とりあえず坂道を歩き始めることにした。 

 すると向こうからやって来る人影がみえた。

 怖がる者と虚勢を張る者で、ふたたび意見は分かれ、逡巡しているうちに人影はどんどん近づいてきた。

 「そこでなにしてる?」男の声で、向こうから声をかけられた。若者達は一瞬安堵したが、すぐに別の緊張が走った。地元の大人に叱られるとおもったのだ。

 

 ところが叱られはしなかった。そればかりか男はこのあたりの道案内をしてくれた。ひどく外斜視で、やけに顎の小さな男だった。手にはバケツをもっていた。海岸に蟹を捕りに行くという。すこし気味が悪かったが、恐れもなしにこのあたりを歩き回る地元の人間がいることに、若者達は勇気づけられたのだった。

 

 男は気さくに話しをしてくれた。街頭もなく、真っ暗な砂利道だったが、若者達は安心して地元の男の後を従った。海岸が近いのか、歩くたびにガリガリと砂利とは違う何かを踏みしめる音がした。どうやら波にさらされ風に運ばれた貝殻や流木が砂地に紛れているようだ。

 「この先を上って下ればすぐに海岸だ。」

 男はそういうと、路を逸れて藪の中へ入っていった。近道があるらしい。

 蟹を捕りに行く。藪の中からもう一度、聞こえた。

 

 若者達は坂をふたたび歩き始めた。二股の路地がみえた。分かれ道には薄ぼんやりと街頭の明かりがみえた。街頭はそれしかなかった。上りも下りも、その先の路は真っ暗だ。路地の脇には不法投棄の粗大ゴミが積み上がっていた。

 

 街頭の明かりで足下が照らされると、若者達は一斉に叫び声をあげた。

 足下にはおびただしい数の蟹がびっしりと蠢いていた。

 若者達がたじろぐたびに、それはガリガリと潰れていった。

 背後に気配がするので、振り返ると、粗大ゴミの集まりに、男の顔が紛れ込んでいた。怖ろしく大きな顔だった。

 外斜視の瞳をぬらぬらと濡らし、小さな顎をカタカタ鳴らして男は笑っていた。

 若者のひとりが恐怖に耐えかねて走り出した。

 ところが混乱のあまり、もと来た道ではなく、海岸を降りていってしまった。

 残された者達の何人かが、確かに聞いていた。

 わめき散らしながら暗闇へと走り去るその若者の、

 「蟹を捕りにいく!蟹を捕りにいく!」という叫び声を。

 

 

(実体験をもとに創作)

  

____________

 地獄

 登山を楽しむ親子がいた。

 途中、珍しい山菜をみつけた父親が道を逸れて、茂みのなかに入っていった。息子はひどく嫌がったが父親にしてみれば何度も登った山道なので、気にも留めなかった。

 まだ正午も過ぎていなかったし、天候も快晴で、山の夏の、柔らかい木漏れ日が心地よかった。

 やがて山菜採りに夢中になり、見慣れない場所に入り込んでいた。父親はそのことには気づいたが、子どもが不安になるので言葉には出さなかった。それに、平坦な道をたいした距離は進んでいなかったし、時間もそう経過していなかった。

 

 本心で迷ったと感じた時にはもう遅かった。いよいよべそをかきだした息子をおぶさり、「ちかみち、ちかみち」と元気づけて歩いた。

 奇妙なことに道はずっと平坦だった。元来た道を辿っているつもりでも、景色はどことなく見慣れないような感じもした。

 

 疲れ切ったところでさらに道が開けた。

 そこには小さな湖があった。水面は美しい青色をたたえていた。よく見ると、表面に湯気が出ているのがわかった。

 少し先に看板が立っているのが見えたので、近づいてみると、『地獄』とだけ書かれていた。

 「温泉?」

 こんなところに温泉があったか。地図を確認したときに見落としたのか。とりあえず父親は恐るおそる指を入れてみる。

 「あったかい?」息子が訊く。

 「んー。ちょっとぬるいかな。」

 指を抜いてみると少しだけヒリヒリした。

 「これはきっと天然温泉だね。」

 父親はもう一度指を入れた。どことなく先ほどよりも調度良い温度になっている気がした。「ああ、あったかい」今度は手首まで入れてみた。戻すとまた手のひらがヒリついた。

 「ちょっと入ってくか。」

 「いいよぉ、もう行こうよー」だが子どもが渋る。

 そうか、そうかといいながら、上着を捲り、肘まで入れてみた。

 あぁ、きもちぃ。しばらく浸かっていたかったが、子どもがぐずりだしたので仕方なく腕を抜いた。

 「お前も少し浸かってごらん。気持ちいいよ。」そう勧めてみる。息子はぐずるばかりだ。

 「ねぇー、もう行こうよー」また半べそになっている。まったく聞き分けのない子どもだ。

 しかし、どうしてもヒリヒリする。湯に浸かっていた肘までの皮膚がヒリヒリする。耐えられないほどでもないが、どうも気にさわる鈍い痛みがある。ずっと湯に浸かっていたい。もう一度だけ湯に浸かる。

 「あぁぁぁぁ、きもちぃ」

 今度は肩まで浸けてみる。やはり抜くと皮膚がヒリつく。我慢ならない。子どもがうるさい。湯に浸かればまるで極楽のように心地よい。

 

 

 子どもの泣き声を聞きつけた老夫婦が駆けつけたときには、父親はすでに額まで湯に浸かっていたという。

 呼吸のためか、数秒ごとに浮き上がる度、「きもちぃぃ」と「ヒリヒリするぅ」という言葉を交互に繰り返し、やがてブクブクと水の中へと消えたいったという。

 

 老夫婦はその場所にただならぬ気配を感じ、子どもの目を覆い一目散にその場をはなれた。

 しばらくして警察と共にその場所を訪れた時には、青い湖などは無く、どろどろの茶色い沼があるばかりであった。

 後に警察が調べると、土の中からは父親の遺体が発見されたという。

 

 

杉浦日向子 著 「百物語」より 一部改変) 

百物語 (新潮文庫)

百物語 (新潮文庫)

 

 

  ____________

 

 まだ少しありますが、

 背中が寒くなってきたので、今日はこのへんで。

 

  いやだなー、

 こわいなー、こわいなー。

 

 

illustratorで絵を作成すること。#2

  前に書いたことの重複となるけれど、illustratorというソフトはベクターデータなので、ビットマップのデータよりもパソコンに負荷をかけずに、巨大なデータを作ることが可能となる。

 とはいえ、わたしは普段はA4サイズくらい、大きくてもA2、1くらいのサイズを扱っているので、極端に巨大ないし極小のデータを扱うことはない。

 

 とりあえず、ハタとおもいつき、今回はどれくらいの拡大/縮小率を扱って、作成できるのか試してみることにした。毎度のことで大した役には立たないけれど、後学のために。

 

3.13%

f:id:flightsloth:20180711161909p:plain

 

 まず、アートボードをギリギリまで引き延ばしてみる。真ん中の部分がアートボード。リアルでいえば紙とかキャンバスということになるのかな。まわりの灰色が描写できない領域。床とか描いちゃうとお母さんに叱られる領域といえばわかりやすいでしょうか。

 ちなみに作業ウインドウもキャプチャしてみた。これがわたしの作業スペースとなっている。いくつかのウインドは、主に組み版や文字レイアウトで使うので、イラスト作成に必須というわけでもない。

 

 上記のサイズはモニターのプレビューサイズで3.13%に縮小されてクリップされたもの。で、アートボードのサイズが5769.65 ×5769.65 mm。これが最大の模様。つまり約5.7メートルまでは作成できる。これ以上のサイズはひとつのドキュメントでは作れない。

 

 とはいえ、5.7mはかなりでかい。A0サイズで841×1189mmで、プロッターなどロール紙はそれくらいが限界だったとおもう。菊四倍だとかいう版で2050mmが最大だったので、この画像を実際に出力するとなると、四分割くらいして入稿することになるのだとおもう。

 

 12.5%

f:id:flightsloth:20180711161916p:plain

 それとも、5.7メートルのサイズを出力できる印刷機もあるのだろうか。いやいや、版サイズを、Adobe社のillustratorに印刷業界がわざわざ合わせているわけではあるまい。よくわからない。わたしはこんなに大きなものを作成したことがないのでまったくわからない。まあ印刷出力しないのでこんな疑問自体に大した意味はないのだけれど。

 

  ところで5.7メートルのサイズで描写するとなると、さすがにメモリとの戦いになってくる。わたしのmacのスペックはそれほどでもないので、メモリの限界でソフトが落ちたり、保存が長くなったりするのも面倒なので、このくらいなら耐えられるかな?という経験上の機能を駆使して作成していく。

 

 これからどんどんズームしていきます。

 

 33.33%

f:id:flightsloth:20180711161924p:plain

 チヨちゃん瞳の奥にフロリック公爵がいます。チヨちゃんの線幅が14mm、フロリック公爵と朝顔の線幅がだいたい5mmくらいなので、まだまだでかいですね。サイズとしては1.2メートルくらいです。

 もっと細かく描きこみたかったのですが、時間もないしメモリも心配なので、これくらいのテキトーイラストになっています。

 

  100%

f:id:flightsloth:20180711161930p:plain

 ここでプレビューサイズ100%になります。ナマケモノの向こうにチコ・マンキーくんがちょっと見えてきます。

 

400%

f:id:flightsloth:20180711161936p:plain

 ナマケモノ登場です。今年のあじさいはやはり元気なさそうでしたね。

 

1200%

f:id:flightsloth:20180711161942p:plain

 1200%です。マンキーくんの線幅が0.2mmくらいなので細いシャーペンで描いたくらかな。ここまでくると印刷が気になります。たぶんまだこのくらいならしっかりプリントされるとはおもうのですが、どうなんでしょう。

 

 

1600

f:id:flightsloth:20180711161948p:plain

  ここまでいくと、間違いなく瞳の奥は出力されなさそうですけど、どうなのでしょう。いやおそらくダメだとおもう。空色のモヤモヤした感じになるだけだとおもいます。

 それとも、極小サイズをプリントできる出力機というものがあるのだろうか。現代技術を侮ってはいけない。

 そういえば、グーグルマップなんてどうやって作っているのだろうか。あれは比べものにならないほどにズームができる。もちろん専用のソフトがあるのだろうけれど。というか詳細地図なんてどうやって作っているのだろうか。まるで想像つかない。伊能忠敬が一万人くらいいるのだろうか。

 

17000%

f:id:flightsloth:20180711161956p:plain

  いちまんななせんパーセント。一気にズームが跳ね上がる。くらくらする。実をいえばここまでズームできるようになったのは、最近のバージョンからなのだけれど、こんなに米粒に描くようなことを、誰が必要とするのだろうとは、ちょっとだけおもう。

  こうして、スクショしたり、データのままズームしたりすればまあ楽しめるかもしれないけれど、いまいち用途がつかめない。すごい不毛なことをしている気がする。そもそも出力前提でしか考えられないこと自体が、アナログ脳なのかもしれない。

 

64000%

f:id:flightsloth:20180711162001p:plain

  超ちっさ。

 飛行機のイラストの部分はもう画像なのだが縮小率に耐えられないようで、なんだかボンヤリしている。

 タイトルの所のサイズが0.09mmくらい。やはり0.1ミリにも満たないデータを作ることに意味を見出せない。

 

 ということで、ズームにズームを重ねて、小さく1周年表明させてもらいました。

やんわり、テキトーに、自分に負荷をかけないように、この日記を続けていけたらとおもいます。

 

小さく祝う、

どこにも飛び立つことのない飛行訓練でした。

 

見分ける能力。

f:id:flightsloth:20180709141507j:plain

 

 最近気づいた、というよりもはじめからそうだったのだろうけれど、わたしはどうやらスピリチュアル寄りの人間らしい。

 

 なんだか説明付かない出来事があると、なにかあずかり知れない力が働いていると思い込む節があるし、石や木なんかにも不思議な意思みたいなものは必ずあるとおもってもいる。前世だとか輪廻だとかいう概念も頭ごなしに否定はしないし、そもそもあらゆる物のカタチでさえ、みんなが同じカタチとして認識しているという事実すら、どこかしら疑っていたりもする。

 

 ところがそういう感覚を“スピリチュアル”みたいな言葉でひとまとめにされると、ものすごい抵抗感がでてきてしまう。うまく説明できないけれど、ただ語感が嫌なのだろうか。

 何だかわからない力や意思だとかは、何だかワカラナイから名前すらも与えられないものであって、それをひとまとめに“スピリチュアル”なんて言われると、なんていうか、すごくライトなものにされたように感じてしまう。

 まるでインドの苦行としてのヨーガと、白人が取り入れたエクササイズのヨガみたいなものも、一緒くたにしてうまいこと生活に取り入れよう、みたいな、なんだかそんな軽い響きみたいに感じてしまう。まあ別にそれでも構わないし、ヨギーになった鶴ちゃんまでいけば、たいしたものなのだろうけれど。

 

 かといえ、“霊感”なんていわれても・・・ねぇ。

 さらに低く唸ってしまう。たとえば誰かしらに、霊感があるなんて話をされると、へぇ、なんていいながら、心のどこかでは片方の口角を引き上げて鼻白んでしまうところがある。

 

 そうかとおもえば、そうして語られた心霊体験かなんかが、ちょろっとでもリアリティのあるものだったとすれば、すぐに信じてしまったり、簡単に背筋を冷やしたりもする。少なくとも鼻で嗤って疑ってかかるようなことは、ほとんどない。

 

 「自分の姉は霊感を持っている。」

 すこし前に、わたしのかのじょが、知人女性にそう打ち明けられたらしい。

 その話を聞いたときも、わたしは同じように、へぇ、と乾いた返事をしながらも、心の口角を引き上げていた。

 だが、かのじょはそんなわたしの口元を敏感に感じ取り、違うの違うのと話を続けた。

 

 もっとも、その女性も姉が幼少の頃からそういう不思議な発言をすることは知れど、本心で信じるというわけでもなかったそうだ。

 ある時期、その女性はとある男性に告白されたらしい。タイプの顔だったし、性格も良さそうにみえたので、彼女は快諾し、付き合うことになったそうだ。

 けれどそれは彼女の勘違いだったようで、やがて彼氏のすべてが気にくわなくなり、ひどく一方的に別れを告げてしまった。

 その後、彼女が実家に帰った際、そのモトカレの愚痴を姉に打ち明けていると、

 姉は不意に、「ちょっと!あんた大丈夫?」と語気を強めて話を遮った。

 「なに、何?」彼女が戸惑いの反応をしていると、姉は静かに、

 「あんたの後ろにお坊さんが見えるんだけど、」という。

 彼女は鳥肌を立てたそうだ。モトカレの実家は寺であり、彼は後を継ぐことになっていたからだ。

 もちろん彼女は、姉にモトカレの職業的な素性は一切伝えていなかった。

 そればかりか、姉にいわれるまでは当の本人でさえも、モトカレが寺の息子だという事実をすっかり忘れていたのだった。

 

 ぎ、

 ぎゃーーー!!・・とはならなかったけれど、その話を聞いたわたしが大興奮したことは事実だった。「すごい!絶対霊能力者じゃん!」そうそうそうでしょ、わたしとかのじょはお互いにうなずき合った。こういう話をするときは大抵呑んでいるので、非常に盛り上がるのだ。

 

 わたしのかのじょもスピリチュアル的なものに同じような印象をもっていて、両手放しに信じ込むというわけでもないけれど、頭ごなしに疑ってかかるような性格でもない。

 かのじょの友だちにタイ人のおばあさんがいて、おばあさんもちょっとした能力を持っているらしい。

  かのじょには、首筋と背中には小さなアザのようなものがあるのだけれど、ある時、おばあさんはそのアザをみて、うんうん頷きながら、「ダイジョブ、ダイジョブ、これはね、前の命のときがね、二回ね、ちょっと悪かったからね、そのシルシだよ」というらしい。

 ダイジョウブというのは、“今生は大丈夫”という意味らしく、何の根拠もなし、理由を深く訊ねることもせず、かのじょはおばあさんのいうことを無条件に信じていて、この話も、お酒が入ればかのじょは何度か繰り返したりする。

 

 わたしもその話は結構気に入っていて、本来コンプレックスになりがちのアザみたいなものが、実は意味のあるものだとすれば、それはそれで愛着の湧くものになり得るのだろうし、だとしたら、とても素敵な考え方だとはおもう。

 

 そのおばあさんは他にもいくつかスピリチュアル的なエピソードを持っている。日本語がそれほど得意でないこともあるのだろうけれど、片言でポツポツいわれた意味合いがその時は理解できなかったとしても、後々になって奇妙な繋がりみたいな出来事をもって、浮き出てくることも少なくはないらしい。

  

 また、おばあさんは良いことは神秘的な物言いでとことん褒めちぎる一方で、良くないことや場所があると、ダメ!の一点張りらしく、たとえば仕事で絡んだひとなども第一印象から、「あのひとダメ!絶対ダメ」といって、理由を訊いてもダメとしかいわず、すぐに心を閉ざしてしまうらしい。

 第一印象から直感で嫌ってしまうのは困ったものだともおもうが、そういわれたひとは、後々になって、ほかの従業員にイジワルをしたり、無断欠席をしたり、もっとひどいことをするような人格を持っていることが、大概は後々になって発覚するのだった。

 

 そんな話を訊いていたので、わたしがおばあさんと初めて会ったときには、とても緊張した。対面するやいなや、ダメの超連打を浴びせられるのではないかと、ヒヤヒヤした。幸運なことにそうはならなかったのだけれど。

 

 結局は信じる信じないの話なのだろう。

 わたしの周囲では、霊的なものをまったく信じない、というか、どちらかといえば信じない、というひとが大半を占めていて、その主なる理由といえば、自分自身が見たことも聞いたことも感じたこともないからだという。

 見たこともないものを信じないというのは、もっともな話だろう。かくいうわたしだって、上述したような話を話されたとしても、まるっと全てを信じ込むわけでもなく、考えられる要素を加味してみて、結局は自分がそうであればちょっと素敵だな、という程度。要は“信じたい話題であるから信じる側に回っている”に過ぎないのだとおもう。

 

 わたしだって、なんだかわからない超常現象に人生を左右されたり、よからぬ方向に持ってかれようものならたまったものでもないし、そうなればむしろ逆に、意地でも信じなくなるかもしれない。

 ただ、そういうことがない限りは、人類が理解できない“彼岸”みたいなものがあり、また、そういう心の余地みたいなものがあったほうが、人生は豊かに過ごせるのではないかなぁ、と、ほんのり考えている過ぎない。

 

 つまり、基本的には(信じる)姿勢みたいなものはあるのだけれど、そういう超常的なことが向こうからやってくるのを望んでいるわけでも、自分から飛び込みたいともおもってはいない。

 だから、このての話題なんかを、ものすごく近しい人間同士で酒でも呑みながらきゃんきゃん騒ぎ合うぶんには楽しいとおもう反面、なんていうか、そういうことに重く比重を置いているひと、というか、見えます感じます聞こえます、みたいなことを主張してくるようなひとはとても苦手だったりする。

 

 それから、占いなども、理にかなったこともあるようなので、都合の良い部分は勝手な解釈で信じたいところもあるし、なんなら根拠もなくコロリと信じたりする部分もある。

 それでも自分の意思以外のものに、自身を委ねたり揺さぶられたりすることは信条的にあまり無いので、率先して占ってもらおうとは、わたしはあんまりおもわないけれども。

 

 一度だけ、若い頃、友人のたっての希望で、街でちょっとした有名占い師のもとへ付き合ったことがある。たしかにその時分のわたしは人生でずいぶん窮屈している部分(とにかくお金がなかった)もあったので、試しにという気持ちも、あることはあった。

 

 手相占いとのことだったのだが、そのひとはなにやら霊的なものも見えるらしく、わたしのことを数秒じっと凝視して、それから開口一番、

「あんた、親を大事にしなさいよ、」とこういった。

 心の口角がキュキュッとひき上がるのを感じた。親父はすでに自ら家を飛び出し、母親は何年も前に他界していた。大事にするも何ももう手遅れだった。

 それからこうもいった。

 「遊んでばっかりいないでちゃんと家に帰りさいなよ」。

 その時のわたしは先輩のアパートに居候させてもらっていて、実質的にはホームレスだった。自分の家もなければ実家すらなかった。

 

 わたしはただ黙って訊いていた。それからその占い師のひとは、どういうわけかわたしを高校生だか大学生と勘違いしたようで、勉強がどうとか単位がどうとかちゃんと学校にいきなさいだとか、けだし数年前に訪れていたならば大変ありがたくもおもえるかもしれないような、説教をしてくれた。

 

 わたしの口角は上がりっぱなしであった。予想以上にあまりにも外すので、面白くもなってきた。お金の話は一切してくれなかった。わたし的にはもっとビジネスの助言が欲しかった。わたしはただ、へぇ、だとか、ほぅ、だとか生気の無い返事ばかりになっていた。今おもえば、こちらからわざわざ訪ねてきておいて、少々いじわるな態度でもあったのかともおもう。

 

 なぜだか手相はほとんど見てもらえなかった。少々腹もたった。占いは太古の統計学としてみれば、現代の天気予報ほどの精度とまではいかずとも、しっかり占えばきっと中る箇所もあるだろうに、なにも霊視的な方法をチョイスすることもなかろう、これはたいへんな職務怠慢だともおもった。

 

 それに、あの頃の年代の若者ならば、おしなべて似たような悩みはあるだろうし、多少世話を焼いてやるようなセリフを繰り出せば、感謝せずにはいられまい。わたしが少々奇異な家庭環境になければ、煙に巻かれたようにハハアとひれ伏して、感謝のひとつもするだろうが、的外れの説教をし続けるだけでは、あまりにぼったくりなうえ、感謝の押し売りだとさえ感じた。だいたいなんだその遠くを見るような眼差しは。ちゃんと顔を見て話をしてくれぃ、少なくとも手のひらをみてくれぃ、とも、多少おもった。

 

 そんなことなら、スピリチュアル信じる側の人間として、おなじ神秘の能力ならば、霊能力よりも、“霊的な能力を持っていると自称しているひとたちを見分ける能力”のほうが、よっぽど役に立つのではないか。わたしはぜひそういう能力が欲しいものだ。

 と、そのときの若いわたしが、おもったりしたかといえば、それは覚えてはいないが。